富山第一銀行

富山第一銀行

そなえる TOP将来のための安心や、万一の場合の備えなど、安心して日々過ごしていただくための商品・サービスをご用意しています。

閉じる

ファーストバンクと考えるライフプラン生活テーマ別に、お客様のライフステージにあった商品選びをお手伝いします。

閉じる

少額投資非課税制度(NISA)について

ファースト・バンクで始める資産づくり♪ NISA<少額投資非課税制度>

NISA口座による投資の非課税イメージ

NISAの制度イメージ

NISAは、平成26年からスタートした制度で、現在は毎年上限120万円の非課税投資枠を使った投資ができます。非課税期間はそれぞれ投資をはじめた年から5年目の年末まで。平成28年からNISAをはじめると、平成32年には非課税枠の利用額は最大600万円になります。平成28年にはじめた投資の非課税期間は平成32年の年末で終わりますが、急いで資産を売却する必要はなく、特定口座・一般口座に移すことや、120万円を上限に平成33年の非課税枠に移すことができます。

NISA制度のイメージ

NISA制度がますます便利になりました!

NISA制度のイメージ

NISA制度のイメージ

課税方式による口座の種類

公募株式投資信託等の配当所得(普通分配金)や譲渡所得(値上がり益)に対しては20.315%の税金がかかりますが、NISA口座でのお取引については非課税になるのをご存知ですか?
NISA口座を開設して公募株式投資信託等を購入した場合は、そのNISA口座内における公募株式投資信託等から生じる譲渡益や配当に対しては、一定の要件のもと、所得税(+復興特別所得税)と住民税が課されないこととなります。

項目 特定口座【課税口座】 NISA口座【非課税口座】
源泉徴収あり 源泉徴収なし
概要 特定口座で実施した公募株式投資信託等の売買を行った際の納税手続きを、簡素化することができます。 NISA口座で取得した公募株式投資信託等について、取得後一定の期間は、譲渡益や普通分配金が発生しても課税されません。

分配金
受取時
「普通分配金」に対し、20.315%課税されます。 「普通分配金」が非課税になります。
売却時・
償還時
「値上がり益」に対し、20.315%課税されます。 「値上がり益」が非課税になります。
損益の計算 特定口座内の取引について富山第一銀行が実施(1年に1度、特定口座年間取引報告書を交付) 不要
申告の手続き 確定申告と申告不要との選択が可能 確定申告が必要 不要
納税の手続き 源泉徴収を富山第一銀行が実施 お客さまが実施 不要
損益通算 可能 不要
  • 公募株式投資信託等を購入する際に、課税もしくは非課税口座で購入するかを都度選択できます。(いずれの口座も開設済みの場合)
  • 非課税投資枠を利用して購入した公募株式投資信託等が中途解約や償還によって換金された場合でも、購入時に利用された非課税投資枠を再利用することはできません。
  • 課税口座にはこの他、お客さまご自身で年間の譲渡損益等を計算して、確定申告が必要となる「一般口座」もあります。
  • 当行に開設する非課税口座内で取扱う商品は、公募株式投資信託のみであり、上場株式や上場投資信託等は取扱いません。

改正後のNISA概要をまとめてみよう!

下記は現行NISAの制度概要のまとめとなります。ご不要な点がございましたら、お近くのファースト・バンクまでお気軽にご相談ください。

  改正後(平成28年1月1日より)
制度を利用できる人は
  • 満20歳以上の国内居住者
利用する口座は
  • NISA専用口座
  • 1人1口座
  • 金融機関は同一の勘定設定期間内であっても一定の手続きのもとに1年毎に変更可能。
口座の廃止・再開設は
  • 廃止はいつでも可能
  • 同一の勘定設定期間内であっても一定の手続きのもとに再開設できる。
口座開設可能期間は
  • 平成26年から平成35年までの10年間
投資できる金額は
  • 毎年120万円が上限
投資できる金融商品は
  • 公募株式投資信託、上場株式等(国内株式、外国株式、ETF、REIT等)

    当行では、公募株式投資信託

非課税期間は
  • 投資した年から最長5年

NISA口座開設手続きのご案内

1

お客さまは「住民票の写し」※1「非課税適用確認書交付申請書兼非課税口座開設届出書」または「通知カード・本人確認書類」※2を富山第一銀行に提出

2

富山第一銀行は、お客さまの非課税口座の開設状況を税務署に確認

3

税務署は、「非課税適用確認書」を交付

4

富山第一銀行は「非課税適用確認書」を受領し、お客さまの口座を開設「口座開設のご案内」をお客さまに郵送

※1NISA口座開設お申込みには、平成25年1月1日時点の住所がわかる、所定の期限内に発行された住所確認書類(「住民票の写し」(原本・コピー不可)または「住民票除票の写し」(原本・コピー不可)等)が必要です。詳しくは店頭窓口へお問い合わせください。

※2平成28年1月1日からのマイナンバー制度の開始により、「個人番号カード」または「通知カード・本人確認書類」の提出がNISA口座開設にあたり必要となります。 詳しくは店頭窓口へお問い合わせください。

投資信託についてのご相談はこちら

店舗で相談する
電話で相談する

セフティプラザ富山支店

セフティプラザ富山支店土・日・祝日もご相談できます!

ご相談時間

平日
:9:00~19:00
土・日・祝日
:10:00~17:00
お電話でのご予約
0120-161665

投資信託に関する留意事項

  • 投資信託はリスクを含む商品であり、国内外の株式や債券等へ投資しているため、組入れた有価証券等の値動き、運用先の信用状況の変化、金利、為替相場の変動等により基準価額が変動し、投資した資産の価値が投資元本を割り込むことがあります。これらのリスクは、投資信託をご購入のお客様が負うことになります。
  • 投資信託は預金ではありません。したがって、元本の保証および利回りの保証のされている商品ではありません。
  • 当行で取扱う投資信託は預金保険制度および投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。
  • 投資信託のお取引に関しては、クーリングオフ(書面による契約の解除)の適用はありません。
  • 当行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定及び運用の指図は委託会社が行い、保管・管理は受託会社が行います。

詳しくは各ファンドの目論見書および目論見書補完書面をご確認ください。

【投資信託に関する手数料・費用について】

  • 投資信託をお申込頂く際に、各ファンドに設定された販売手数料や信託報酬等の諸経費をご負担頂きます。またファンドの種類に応じて、換金(解約)手数料や信託財産留保額等をご負担いただく場合があります。
  • 手数料等諸経費の詳細は各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面をご確認ください。

NISA(少額投資非課税制度)に関するご留意事項

  • NISA口座を開設していただくには、当行で投資信託口座を開設していただく必要があります。
  • 口座を開設しようとする年の1月1日時点で満20歳以上の国内居住者が対象です。
  • NISA口座はすべての金融機関を通じてお一人のお客さまにつき1口座のみ開設することができます。既に他の金融機関でお申込みされている場合は、当行へお申込みいただくことはできません。ただし、一定の手続きの下で開設済みの金融機関とは異なる金融機関にNISA口座を開設することができます。
  • 当行のNISA口座で買付いただける商品の種類は、当行が取り扱う公募株式投資信託のみとなります。
  • NISA口座で新たにご購入いただく投資信託から得られる収益分配金(普通分配金)と値上がり益(譲渡益)が非課税の対象となります。毎年、非課税枠の上限額まで非課税対象としてご購入いただけます。
  • なお、元本払戻金(特別分配金)はすべて非課税であり、NISA口座における非課税のメリットとは関係がございません。
  • NISA口座でご購入いただいた投資信託を売却した場合、売却相当額の非課税枠を再利用することはできません。また、未利用の非課税枠を翌年以降へ繰越すことはできません。
  • NISA口座における損失は、税務上ないものとされます。したがって、特定口座や一般口座における利益(配当所得、譲渡所得)との損益通算はできません。また、損失の繰越控除もできません。
  • NISA口座でご購入いただいた投資信託に関し分配金の再投資が行われる場合、NISA口座での分配金支払時点においてその年の非課税枠の上限額に達するまではNISA口座での買付とし、枠を超えた場合は課税口座(特定口座や一般口座)での買付となります。

【商号等】株式会社富山第一銀行
【登録金融機関】北陸財務局長(登金)第7号
【加入協会】日本証券業協会

<ファースト>
プライベートWeb

インターネットバンキング

ログイン

サービスのご案内

店舗・ATM

口座開設

手数料一覧

金利情報

はじめてガイド

キャンペーン情報

各種ご予約・お申込み

通帳・キャッシュカード ・お届け印を紛失した時

キャッシュカード・通帳・お届け印鑑の紛失・盗難トラブルはここにお電話を!

緊急連絡先(24時間対応)
0120-552495
もしくは
076-433-7717