富山第一銀行

富山第一銀行

そなえる TOP将来のための安心や、万一の場合の備えなど、安心して日々過ごしていただくための商品・サービスをご用意しています。

閉じる

ファーストバンクと考えるライフプラン生活テーマ別に、お客様のライフステージにあった商品選びをお手伝いします。

閉じる

「行内コイン(First-B-Pay)」実証実験のお知らせ

戻る

2018年11月28日

当行は、株式会社インテック(代表取締役:北岡 隆之)と共同し、全銀協ブロックチェーン連携プラットフォーム(※1)のブロックチェーン技術(※2)を活用した「行内コイン(First-B Pay)【通貨名:First Bank Coin(FBC)】」(以下「コイン」)の実証実験(※3)を行います。

1.実証実験の概要

昨今、決済に現金を使用しないキャッシュレス取引の仕組みが多種多様に乱立しております。その一方で、現金による決済の煩雑さは、利用者・金融機関・サービス提供者の中で共通の問題認識となっています。今回の実証実験では、昨年の「富山県ものづくり総合見本市」にて、株式会社インテックと共同で行った仮想通貨検証実験のレビューを反映させ、「前払式支払手段(※4)」を用いたキャッシュレス決済の可用性を検証します。
実証実験は、共同開発した専用のスマートフォンアプリ(以下「アプリ」)を用いて行います。当行内をフィールドとした小さな経済圏を形成し、経済圏内専用の仮想通貨であるコインを流通させることで、当行職員がアプリによるキャッシュレス決済を体験します。

2. 実証実験の目的

(1)当行は、運営主体(管理者)、加盟店、消費者(エンドユーザー)のそれぞれの立場で以下の検証を行います。

  運営主体 … デジタルイノベーション室(以下「当室」)が、経済圏内のコインの流通額を正しく把握できることを検証します。
加盟店 … 食堂内の販売ブースを擬似的な加盟店として位置づけ、当室が、購入された商品と購入に使われたコインの額を正確に把握でき、「販売管理」ができることを検証します。
消費者 … 行員が、QRコード読取によるキャッシュレス決済の利便性と、利用者にとって使いやすい画面デザインであることを検証します。
行員は実際にキャッシュレス体験し、お客様にキャッシュレスの利便性を実体験として伝えていきます。

(2) ブロックチェーン上に、大量のデータの入力や、一部のサーバーを止めるなどの負荷をかけても、取引に影響がでないことを検証します。

3. 実証実験の内容

実証実験では、アプリを利用したコインによるキャッシュレス取引を行います。

項目 内容
(1)コインチャージ アプリをダウンロードし、利用者登録を行った上で、アプリ内にコインをチャージします。
(2)商品を購入 食堂内の販売ブースにて、アプリ内カメラでQRコードを読取ることで商品の購入ができます。
(3)個人間送金 送金したい相手の行員番号を指定、または相手のアプリ内のQRコードを読取り、金額を設定することで、個人間でコインの送受信ができます。

4.実証実験の場所及び実施期間

(1) 期間:2018年11月28日(水)~2019年4月23日(火)
(2) 参加企業:株式会社富山第一銀行、株式会社インテック(共同開発)
(3) 実験場所:株式会社富山第一銀行 本店食堂内及び本店営業部内の販売ブース
(4) 通貨名:「First Bank Coin(FBC)」
(5) スマホアプリ名:「First-B Pay」
(6) プラットフォーム:「全銀協ブロックチェーン連携プラットフォーム」(全国銀行協会設置)

用語解説

※1 「全銀協ブロックチェーン連携プラットフォーム」
「全銀協ブロックチェーン連携プラットフォーム」とは、一般社団法人 全国銀行協会が、以下の目的で整備したブロックチェーン連携プラットフォームである。
  「銀行、銀行と連携・協働したFinTech企業やIT事業者等におけるブロックチェーン技術、分散型台帳技術を活用した新たな金融サービス等を開発するための試行、実証実験の容易化」
「銀行界全体での知見の共有、蓄積」
「銀行等における実証実験コストの負担軽減」
※2 ブロックチェーン技術
インターネットで繋がった多数の参加者全員で物や資産の全ての取引記録を共有し、監視しあうことで、データの改ざんを困難にする技術。データを1ヶ所に集めずに、記録データを分散・共有することで、中央の管理者を必要とせず、システムダウンを防止する特徴を持つ。「分散型台帳」とも呼ばれ、通貨以外の様々な分野への応用が注目されている。
※3 実証実験
新開発の製品・技術などを、実際の場面で使用し、実用化に向けての問題点を検証すること。
※4 前払式支払手段
「前払式支払手段」とは、次の4つの要件が全て備わっているものが該当します。
  (1) 金額又は物品・サービスの数量(個数、本数、度数等)が、証票、電子機器その他の物(証票等)に記載され、又は電磁的な方法で記録されていること。
(2) 証票等に記載され、又は電磁的な方法で記録されている金額又は物品・サービスの数量に応ずる対価が支払われていること。
(3) 金額又は物品・サービスの数量が記載され、又は電磁的な方法で記録されている証票等や、これらの財産的価値と結びついた番号、記号その他の符号が発行されること。
(4) 物品を購入するとき、サービスの提供を受けるとき等に、証票等や番号、記号その他の符号が、提示、交付、通知その他の方法により使用できるものであること。
例えば、商品券、ギフト券、プリペイドカード、IDなどがこれにあたります。
もっとも、乗車券や入場券あるいは発行の日から一定の期間内に限り(6月)使用できるものは、4つの要件が備わっていたとしても、前払式支払手段に該当しないものとされています。

富山第一銀行について

限りなく「クリア」「サウンド」「フェア」を経営理念として、お客様との双方の健全性を図り、公平・公正な銀行として、安心・安全なお取引を提供できるように取り組んで参りました。
今後もこの方針を堅持し、更なる地域経済の発展に寄与し、地域金融機関として、顧客本位の業務運営により、最適な金融サービスの提供に努めて参ります。
また、金融取引を時間や場所を気にせずに「楽しい体験」に変えるため、今後もお客様のご要望にお応えできるよう努めて参ります。

インテックについて

お客様の経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。特に、データセンター事業は、東京、横浜、大阪、富山などのデータセンターを高速回線で接続した高信頼性サービスを提供しています。インテックは、創業以来50余年にわたって培ってきた技術力をもとに、安全・安心、便利でSmartな、心地よい社会の実現を目指し、挑戦を続けて参ります。

画面イメージ

<商品購入画面>

<送金画面(行員番号による送金)>

本件に関するお問い合わせ先

総合企画部 デジタルイノベーション室  

TEL:076-461-3920

銀行営業日 9:00~17:00

<ファースト>
プライベートWeb

インターネットバンキング

ログイン

初回利用登録

サービスのご案内

店舗・ATM

口座開設

手数料一覧

金利情報

はじめてガイド

キャンペーン情報

各種ご予約・お申込み

通帳・キャッシュカード ・お届け印を紛失した時

キャッシュカード・通帳・お届け印鑑の紛失・盗難トラブルはここにお電話を!

緊急連絡先(24時間対応)
0120-552495
もしくは
076-433-7717